新卒採用.jp - 就職サイトトップ > 専門家コラム > 低リスクで高ポテンシャル人材を採用するには?(VOL.8)
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

低リスクで高ポテンシャル人材を採用するには?(VOL.8)

2019-02-27 テーマ: 新卒採用

(株)アスリートプランニングの小池と申します。

 

今回は、『体育会学生の採用支援事例ーpart.2ー』をご紹介いたします。

弊社で採用・教育支援させていただいた実例を基に、リアルな企業様の課題に沿ってお伝えします。

 

※以下のお悩みをもたれている企業様は、ぜひご参照ください。

・採用~育成プログラムまで考えたけれど、現場で統一化ができない

・入社後のミスマッチが増えた

・素晴らしい魅力を持っているのになかなか学生に伝わらない


 

【MISSION:8年ぶりの新卒採用で3名の実績を出す】

 

<会社概要>

・業種:印刷版メーカー    

・売上高:非公開

・社員数:約100名

・募集職種:総合職

・採用人数:3名~5名

 

<ご要望>

会社のDNAを残すための将来の幹部候補を新卒で採用したい

 

<課題>

・新卒採用のノウハウがない
今までは中途メインで採用していたが、会社のDNAを残すには、新卒採用してイチから育てたいと感じて思い切って新卒採用に舵を切ることを決断。
ただ、新卒採用を8年間やっていないので、どうやってやればいいのかわからない。また、今後は毎年コンスタントに2~3名の新卒を内製化のうえ、採用したいという思いがありました。

 

<ご支援結果>

計22名の母集団から、選考17名→内定6名→3名入社

 

★本選考へのエントリー率が77%と想定(50%)を大きく上回る結果に!

★入社した3名は、選考中に入社意欲が上がり内定後すぐに入社を決断!

 

【ポイント:求める人物像を基に、採用準備→実践→育成までの一貫性をもたせること】

 

そのために採用プロセスごとのプログラムを細かくご提案し、さらに一貫性をもたせるための具体的ツールとしてパンフレット制作に注力しました。



 

1.採用準備

求める人物像の設定、選考フローの設計、会社の魅力抽出、採用状況の変化に応じた打ち手、学生対応の一部代行を含めたご支援をご提供。また、魅力を訴求するため、かつ意思決定の重要要素である両親へ学生自身が説明できるための資料として、採用目的に特化した会社案内パンフレットを制作。パンフレットを使った説明方法、面接時の質問内容まで細かく想定しました。

 

2.実践

採りたい人物像を基に、ナビなどマス向けの広報はせず小規模マッチングイベントと人材紹介を活用。そうすることで採用単価の引下げ(小規模マッチングイベント)とリスクヘッジ(人材紹介)を実現。

 

3.育成

社会人として必要なプロフェッショナルマインドを身に付けるための公開型合宿研修と、助成金活用型営業力研修で社会人としての基礎能力を身に着ける研修をご提供。
 

 

せっかく採用専用パンフレットを作ったとしても、何を伝えるかで受け取り方は変わってきます。マッチングイベントや人材紹介を進めたとしても、面接でどの魅力を伝えるのか、

選考官同士で何が良くて何がだめなのかの基準統一化ができていなければ、選考中の歩留まりは下がります。説明会や選考面談時に入社後の研修内容やどのようなビジネスマンになってほしいかという期待値まで伝えられなければ入社後のミスマッチが生じやすいです。


 

準備したものや内容を実践時にいかに使えるか、

育成まで見据えた一貫性をもたせることができるか、

が成果を出す人材を採用する近道になると改めて実感できた実例でした。

株式会社アスリートプランニング 新卒採用支援部 マネージャー
寄り添った課題提案を
最年少新卒領域責任者として従事しており、これまでに100社以上の企業様の採用支援をしてまいりました。累計12,000名以上の体育会学生との面談実績をもとに、リアルな学生の動向をお伝えします。採用におけるお悩みを一緒に解決しましょう。

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク