新卒採用.jp - 就職サイトトップ > よくわかる講座&記事 > 「就職サイト」の最新トレンド
このエントリーをはてなブックマークに追加

「就職サイト」の最新トレンド

厳選採用による影響とは

イメージ近年の新卒採用の状況を大きくまとめると、企業側には「厳選採用」、学生側には「大手志向」という傾向があることがわかる。

学生は厳選採用に危機感を持つようになり、就職サイト上では、1人当たりの企業へのエントリー数が大幅に増加。有名企業・人気企業の中には、応募が集中し、会社説明会の参加枠があっという間に埋まってしまったというところもある。
短期間で母集団形成ができるということで、企業にとってはメリットがあるようにも思えるが、一方で、この状況には多くの問題が含まれている。

企業側が懸念する最大の問題は、「本当に自社が求める人材が来ているのか」ということだ。とにかく企業説明会に参加する権利を得ないとスタートラインには立てないため、有名企業を中心に手当たり次第にエントリーしている学生は多い。当然、それぞれの企業への理解度は低くなるだろう。すると、説明会当日になって欠席するケースや、出席はしたもののまったくのミスマッチだったといったケースが増えることになる。

企業も学生も、これでは消耗するばかり。さらに問題なのは、「企業が本当に来てほしかった人材」や「その企業を真剣に志望していた人材」が、枠が埋まっていたために説明会に参加する機会を失ってしまったのではないかということだ。

このように大手企業にエントリーが集中する一方で、知名度の高くない中堅・中小・ベンチャー企業などでは、母集団形成の段階で苦戦しているケースもある。

最新マッチングシステムの導入

イメージそこで、就職サイトはいずれも、「企業名や会社規模に頼らないマッチング」を実現する新システムを導入している。

その代表格といえるのが、学生が就職サイトに登録する際などに「適職診断」や「自己分析」「志向分析」のテストやアンケートも合わせて行い、その結果を反映させた企業ランキングやレコメンド(おすすめ)を表示するというシステムだ。

学生の志向を調査すると、「企業規模にはこだわらず、自分を活かせる職場で働きたい」という声が、増えている。しかし、これまではどこにそんな職場があるのかが分かりにくかったため、なんとなく知名度の高い大手企業にエントリーする学生が多かった。

しかし、最新の「適職」や「志向」を重視するマッチングシステムが機能すれば、大手企業・有名企業が自分の適性や志向に合致していない場合には、学生自身が気づくことができる。各就職サイトは、このシステムによって大手企業への過度な集中が緩和され、「隠れた優良企業」にも多くのエントリーが集まることを期待している。

また、知名度の高くない企業にも、優れた点があることを伝えるために、企業情報の見せ方に工夫を凝らすサイトも増えている。独自の指標を作って隠れた優良企業の力を可視化したり、学生が日頃から親しんでいる「動画」を使って企業紹介を行ったりするケースだ。また、情報の絶対量を増やしたり、学生の興味や志向によって見せる画面を変えたりするような、きめ細かい対応が可能なサイトも現れてきている。

←前の記事へ次の記事へ→

新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク