新卒採用.jp - 就職サイトトップ > 専門家コラム > 内定辞退はなぜ起こるのか[COYOTE通信]
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家コラム

内定辞退はなぜ起こるのか[COYOTE通信]

2018-06-17 テーマ: 新しい採用の流れをつくるコラム「COYOTE通信」

こんにちは、コヨーテ菊池です。

6月に入ってから内定出しが加速し「内定辞退が出ました」という悲しい連絡をもらうことも増えてきました。


私は、内定承諾か辞退されるかは、採用活動におけるひとつの「通信簿」だと思っています。

それは説明会のドタキャンや、選考辞退よりも問題視したい事柄です。

内定出しこそ、企業におけるプロポーズでありそれまでの選考期間は、結婚相手に相応しいかのデート期間なわけですから。

「結婚してください!」と、あなたが差し出した手が握られずそっと背を向けられる、そんなイメージでしょうか。


しかし、内定辞退を防ぎたいと、今からあたふたしてももうあまり効果はありません。

辞退する際は、もう心の中には別の相手が浮かんでいる場合が多いからです。


つまり、出会ってから内定出しまでのすべてのコミュニケーションの結果として内定辞退はあるわけで一朝一夕で覆せるものではありません。


私が、この一連のコミュニケーションにおいて大切にしているのは

是非入社して欲しい彼が

「入社後、自分が活躍している、もしくはいきいきと働いているイメージが沸いているかどうか」

をひとつの目標値にしています。


結婚に例えると

「この人との幸せな結婚生活がイメージできる状態」でしょうか。


そして結婚生活も、職業生活も一緒に作り上げるものだということを忘れてはいけません。


一方的に自分の魅力ばかりPRをされても困りますし、本当に大丈夫かな?と常に値踏みされてても、嫌ですよね。

すると、結局どれだけお互いのことを理解し合おうと話し合ったか、につきると思います。

採用活動はますます短期決戦になり、この大切なコミュニケーションの時間が失われています。
というか、企業側がその大切な時間を省いていく採用活動をしてしまっています。


その結果が、内定を承諾するか、辞退するという選択に現れるのだと考えます。

偉そうに語っていますが、難しいことも承知です。


でも、本当に欲しい人材は誰かをきちんと設定して1対1の採用活動にもっていくことを目指せば、可能なことです。


内定辞退で落ち込んでいる人事の皆さん、同じように、まだまだ悩み苦しみ自分の未来を真剣に探している学生もたくさんいますよ。

たくさんを見ないで、ひとりひとりを見ていきましょう。

株式会社コヨーテ 代表取締役
国内外300社以上の採用事例を研究し、これまでにない新たな採用を提案します。
1976年滋賀県生まれ。2000年同志社大学新聞学専攻卒業。2009年から世界の採用事例を紹介するブログを開設。自身の「ペルソナリクルーティング」というメソッドを背景に、まざまな採用企画を実現してきた。マレーシア在住。

専門家コラムナンバー

 専門家コラムバックナンバー一覧へ

新卒採用サービスをご希望の企業様へ

『新卒採用.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
プライバシーマーク